レポート3回目は自然硫黄のご紹介から。宝石に非ずとも匂い立つ華やかさ!

DSC05831


入口受付すぐ横にあるリチア輝石(クンツァイト)。クンツァイトといえば『セーラームーン』。そういえば『セラムン』の敵幹部は、全員鉱石の名前だったような・・・

DSC05758
DSC05799


今回取り上げるコレクションは、すべてこの先生のコレクション。研究経費で落とせたのか、はたまた私財を投じたか。下世話ながら気になるところ。

DSC05801
DSC05800


鉱石とは何ぞや?「決まった化学組成」に「規則的な結晶構造」を特徴とする。

DSC05802
DSC05803
DSC05804


したがって琥珀は鉱物ではない。

DSC05832


鉱物は岩石をつくり・・・

DSC05805
DSC05806


鉱物は金属にもなる。たとえば鉄鉱石と亜鉛。

DSC05807
DSC05809
DSC05810


形状は多面体であり、多様性にも富んでいる。

DSC05812


フワフワした毛のような鉱物から、ドレスが縫えそうな鉱物まで。

DSC05815
DSC05819
DSC05820


個人的イチオシ鉱物「砂漠のバラ」。

DSC05821


女性の皆さん、お待たせいたしました。ジュエリーのコーナーでございます。

DSC05822
DSC05823
DSC05825


サファイア、ルビーに、エメラルド。サファイアは、青いものとは、限らない。

DSC05826
DSC05827


ヒッチコックを思い出させるトパーズも。

DSC05830


そして真打ちダイヤモンド。希少性の高さがよくわかる。

DSC05828


このダイヤモンドも、佐渡金や石州銀も、宝石や貴金属は、原石の段階では地味である。人間の手が加わることで、ジュエリーは輝きを増す。身に着ける人によっても、輝きの度合いは変化する。これで結論になりまして?


DSC05760

⇒「47都道府県の石」をご覧になりたい方はこちらへ。

⇒展覧会公式ホームページはこちらへ。会期は6月4日(日)まで。